四国のパワースポット

四国といえばお遍路です。お遍路は、阿波(徳島県)・土佐(高知県)・伊予(愛媛県)・讃岐(香川県)に点在している、弘法大師(空海)ゆかりの八十八ヶ所の霊場をたずねて四国を巡拝する旅です。

お遍路の詳細は「【四国】四国お遍路の旅 四国八十八箇所巡礼 」をご覧ください。

徳島

八倉比売神社

 

八倉比売神社(やくらひめじんじゃ)は、徳島県徳島市国府町矢野にある神社。式内社(名神大社)・阿波国一宮の「天石門別八倉比売神社」の論社の1つ。旧社格は県社。御祭神は八倉比売命(天照大神の別名であるとする)。杉尾山自体を神体としている。

創建の年代は不詳であるが、社伝には天照大神の葬儀の様子が記されている。はじめは杉尾山に連なる気延山の山頂にあったが、後に気延山南麓の杉尾山に鎮座した。安永2年(1773年)に書かれた文書には、鎮座から2150年と記されており、逆算すると紀元前378年(孝安天皇15年)となる。

承和8年(841年)に正五位下の神階を授けられ、元暦2年(1185年)に最高位の正一位となった。江戸時代には阿波国を治めた蜂須賀氏が当社を崇敬した。寛保年間(1741年 – 1743年)に杉尾大明神と称し、明治3年(1870年)に現社名に改めた。

社殿裏手には五角形の磐座がある。一説には卑弥呼の墓であるという。近くに「天の真名井」と呼ばれる井戸があり、現在は「大泉神社」として祀られている。縁結び、厄除け、子孫繁栄、交通安全などのご利益があるとされています。

八倉比売神社の詳細はこちら

大麻比古神社

大麻比古神社(おおあさひこじんじゃ)は、徳島県鳴門市にある神社である。式内社(名神大)、阿波国一宮で、旧社格は国幣中社。主祭神は主祭神の大麻比古神は天太玉命(あめのふとだまのみこと)のこととされる。

「大麻さん」と呼ばれ、阿波国・淡路国両国の総鎮守として、現在は徳島県の総鎮守として信仰を集める。

境内を流れる板東谷川に架かる石橋のアーチ橋・ドイツ橋がある。第一次世界大戦の捕虜として収監されたドイツ人達によって造られた。徳島県文化財史跡指定・日本百名橋・とくしま88景選定。これとは別に、ドイツ人捕虜が造成した池もあり、この池にも捕虜の建造した小さな石造りの2連アーチ橋がかかっており、「めがね橋」と呼ばれている。

楠の御神木がパワースポットと言われている。樹齢千年余で、幹周り8.3m、樹高22m。鳴門市指定の天然記念物である。「方除け」「交通安全」「厄除け」「安産祈願」などのご利益があるとされています。

住所 徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13

大麻比古神社の詳細はこちら

徳島眉山天神社

徳島眉山天神社(とくしまびざんてんじんじゃ)は、徳島県徳島市にある神社である。眉山山麓に位置する。

潮音寺(当神社の北方50m、徳島市西山手町に位置)の鎮守として、瑞巌寺の一顎和尚が、甲斐国(現山梨県)の恵林寺から携えてきた渡唐天神木像をまつったのが起源とされる。文化6年(1809年)に現在の社地に一社を創建。徳島藩主である蜂須賀家を代々保護した。

末社の姫宮神社が特に縁結びのパワースポットとして知られる。また、「学問の神様」として有名な菅原道真公を御祭神としており、合格祈願や学業成就のご利益があるとされています。

住所 徳島県徳島市眉山町天神山1

徳島眉山天神社の詳細はこちら

正覚山法輪寺

法輪寺(ほうりんじ)は徳島県阿波市土成町土成にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第九番札所。正覚山(しょうかくざん)菩提院(ぼだいいん)と号する。本尊は涅槃釈迦如来。

巡錫中の空海(弘法大師)が白蛇を見、白蛇が仏の使いといわれていることから釈迦涅槃像を刻んで本尊として開基したと伝えられている。当初は現在地より4キロメートル北方の法地ヶ渓にあり白蛇山法林寺と号した。病気を治してくれるご利益があるとされています。

住所 徳島県阿波市土成町土成字田中198-2

法輪寺の詳細はこちら

観音寺

観音寺は、徳島県鳴門市里浦町にある真言宗寺院で、牡丹寺として有名。本尊は聖観世音菩薩。永禄元年(1558年)開山と伝えられる。

毎年春には150品種、約380本の牡丹が開花し、大勢の人が訪れる。大塚製薬の大塚家菩提寺で、清少納言(清少庵・天塚堂)の祈願寺でもある。病気平癒、健康、成長を祈願し、ご利益があるとされています。

住所 徳島県鳴門市里浦町里浦字坂田127

観音寺の詳細はこちら

薬王寺

薬王寺(やくおうじ)は、徳島県海部郡美波町奥河内にある寺院。四国八十八箇所霊場の第二十三番札所。

医王山(いおうざん)、無量寿院(むりょうじゅいん)と号す。宗派は高野山真言宗、本尊は薬師如来で厄除けの寺として知られる。厄払いで有名なパワースポットです。境内には厄払いのご利益が授かる場所が多くあります。

住所 徳島県海部郡美波町奥河内寺前285番地1

薬王寺の詳細はこちら

徳島のパワースポット一覧

香川

田村神社

田村神社(たむらじんじゃ)は、香川県高松市一宮町にある神社。讃岐国の一宮である。別称は一宮神社・定水(さだみず)大明神・田村大明神。

御祭神は倭迹迹日百襲姫命 (倭迹迹日百襲姫命)五十狭芹彦命 (いさせりひこのみこと)、猿田彦大神 (さるたひこのおおかみ)、天隠山命 (あめのかぐやまのみこと)、天五田根命 (あめのいたねのみこと)の5柱で、「田村大神」と総称される。

一帯は湧水地であり、社伝によれば、はじめは現在の奥殿の下にある定水井(さだみずのい)という井戸にいかだを浮かべて、その上に神を祀っていたが、和銅2年(709年)に行基によって社殿が創建されたという。水神信仰を基盤とした神社である。

讃岐国内では名神大社三社の一社に数えられ、讃岐国の一宮として崇敬された。また、現在に伝わる神宝は「田村神社古神宝類」として国の重要文化財に指定されている。

田村神社の詳細はこちら

金刀比羅宮

金刀比羅宮の神様は国常立之尊の幸魂と奇魂と和魂が合体して大きな亀の姿となって化身する大海龍王。3万年前からこの辺りの海中の住みついている。四国随一の霊力を誇る道開きの神である。

金運アップで有名な金刀比羅宮。水の力が財を引き寄せる力となっていて万人向けの金運スポットとなっています。

金刀比羅宮の詳細はこちら

銭形砂絵

銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市にある寛永通宝を模した巨大な砂絵である。縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。夜になるとライトアップされる。

謂れは「1633年(寛永10年)に、丸亀藩藩主の生駒高俊侯が領内を巡視することになった折、土地の人々が歓迎の気持ちを現わすため、急遽白砂に鍬を入れ一夜にして作りあげて藩主に捧げた」と伝えられているが、寛永通宝が鋳造されたのは寛永13年(1636年)からであり、その点でこの伝承には矛盾がある。

銭形砂絵の詳細はこちら

江洞窟

江洞窟(ごうとうくつ)は、香川県小豆郡土庄町の小豆島にある洞窟札所。島四国八十八ヶ所第六十番。

本尊の弁財天は弘法大師の作と言われ、その昔この地を訪れた大師が悪魔を洞窟に封じて弁財天を祀ったと伝えられている。弁財天は脳の病気や蓄膿(ちくのう)、中耳炎など首から上の病気にご利益があるとされています。

江洞窟の詳細はこちら

善通寺

善通寺 (ぜんつうじ)は、香川県善通寺市にある寺院。真言宗善通寺派総本山。屏風浦五岳山誕生院と号する。

本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第七十五番札所。空海(弘法大師)の誕生の地とされる。お砂踏み道場で四国八十八ヶ所を一気に巡拝できる。

弘法大師誕生の地と言われる御影堂(みえどう)では、地下を一周する約100mの真っ暗な回廊を歩く修行「戒壇めぐり」を体験できる。写経も学べる他、宿泊施設も備えられている。

火のパワーの強いパワースポットと言われており、金運、縁結び、商売繁盛などのご利益があるとされています。

善通寺の詳細はこちら

香川のパワースポット一覧

愛媛

石鎚山

石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)は、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、近畿以西の西日本最高峰である。愛媛県西条市と久万高原町の境界に位置する。石鉄山、石鈇山、石土山、石槌山あるいは伊予の高嶺などとも表記される。

石鎚山は奈良時代から修行道場として知れ渡り、空海も修行したとされる。信仰の拠点として石鎚神社、前神寺、極楽寺、および横峰寺がある。また成就社は奥前神寺とも呼ばれていた。

古代の石鎚山は笹ヶ峰、瓶ヶ森および子持権現山が石鎚信仰の中心であったとする説、あるいは現在の石鎚山と笹ヶ峰の東西2つの霊域を想定する説がある。

石鎚山の詳細はこちら

龍光寺

龍光寺(りゅうこうじ)は、愛媛県宇和島市にある寺院。稲荷山(いなりざん)、護国院(ごこくいん)と号す。本尊は十一面観音。宗派は真言宗御室派。四国八十八箇所霊場の第四十一番札所。

寺伝によれば、空海(弘法大師)がこの地を巡錫した際、白髪の老人に出会った。その言動から五穀大明神の化身と悟り、稲荷明神像を刻んで安置。本地仏として十一面観世音菩薩、脇侍に不動明王と毘沙門天を刻んで開基したという。

神仏習合の寺として、三間の稲荷として親しまれた。神仏分離で旧本堂は稲荷社とされ、現在の本堂は新たに建立されたものである。無病息災、厄除け、安産祈願にご利益があるとされています。

龍光寺の詳細はこちら

伊曽乃神社

伊曽乃神社(いそのじんじゃ)は愛媛県西条市中野に鎮座する神社である。「磯野」と表記されることもある。大願成就、無病息災、家内安全などのご利益があるとされています。

伊曽乃神社の詳細はこちら

松山城

松山城(まつやまじょう)は、四国・愛媛県松山市にある城跡。別名金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。

日本三大平山城にも数えられる。山頂の本壇にある天守(大天守)は、日本の12箇所に現存する天守の一つである。この中では、姫路城と同じく、大天守と小天守・南隅櫓・北隅櫓を渡り櫓(廊下)で結んだ連立式で、日本三大連立式平山城にも数えられる。別名「金亀城」「勝山城」とも呼ばれ勝負運や金運アップにご利益があるとされています。

松山城の詳細はこちら

道後温泉

道後温泉(どうごおんせん)は四国・愛媛県松山市(旧国伊予国)に湧出する温泉である。日本三古湯の一といわれる。

古代から知られ、古名を「にきたつ」(煮える湯の津の意)といい、万葉集巻一に見える。

なお、かつてはこの周辺が温泉郡(湯郡)と呼ばれていたが、これはこの温泉にちなむ地名である。伊予国(いよのくに)という名前も湯国(ゆのくに)が転じたものという説がある。

神話の時代、大国主命と少彦名命が出雲の国から伊予の国へと旅していたところ、長旅の疲れからか少彦名命が急病に苦しんだ。大国主命は大分の「速見の湯」を海底に管を通して道後へと導き、小彦名命を手のひらに載せて温泉に浸し温めたところ、たちまち元気を取り戻し、喜んだ少彦名命は石の上で踊りだしたという。この模様を模して、湯釜の正面には二人の神様が彫り込まれている。

道後温泉の詳細はこちら

愛媛のパワースポット一覧

高知

龍河洞

龍河洞(りゅうがどう)は、高知県香美市にある鍾乳洞。日本三大鍾乳洞の一つに数えられる。1934年(昭和9年)、国の天然記念物および国の史跡に指定された。2007年(平成19年)には日本の地質百選に選定されている。

鍾乳洞の総延長約4キロメートルのうち、約1キロメートルが通常ルートとなっている。このほかに、冒険コース(前日までに要予約)がある。珍鳥センターと龍河洞博物館が併設されている。

洞内より数十点の弥生式土器、炉跡、木炭および獣骨などを発見しており、弥生時代にあって洞内に居住した痕跡がのこるとして天然記念物指定と同時に国の史跡にも指定された。

特に洞内において弥生式土器と地面がくっついたまま鍾乳石化したものが見られ、「神の壷」と命名されてこの龍河洞のシンボリックな存在である。その隣には近代になってから試験的に置かれた壷があり、こちらも鍾乳石と一体化している。大地のエネルギーを吸収できるといわれており、女性的エネルギーが強いとされている。

龍河洞の詳細はこちら

鳴無神社

鳴無神社(おとなしじんじゃ)は、高知県須崎市にある神社。祭神は一言主命。

本殿・幣殿・拝殿は国の重要文化財に指定されている。参道が海に向かって延びている。

社伝では奈良時代の創建ともいわれている古社。現在の社殿は1663年(寛文3)の再建で、切妻造、柿葺(こけらぶき)の本殿と幣殿(へいでん)、拝殿(はいでん)の3棟からなり、いずれも重要文化財に指定されている。各所に施された極彩色の彫刻も見事。鳥居が海べりに立つ構えから、「土佐の宮島」の名もある。朱塗りの大鳥居も美しい。

毎年8月24日から翌8月25日にかけて夏祭「志那禰祭(しなねまつり)」が行われる。24日は宵祭り(前夜祭)で、25日に本祭が行われる。本祭では祭のクライマックスとして、漁船3隻に神輿を乗せ供船として漁船20を従え大漁旗をなびかせて海上を船渡御が行われる。縁結びのご利益があるとされているパワースポットです。

鳴無神社の詳細はこちら

唐人駄場

唐人駄場(とうじんだば)は、高知県の足摺岬にある遺跡群で、縄文から弥生時代の石器や土器が数多く出土し、世界一の規模であるストーンサークルがある。高さ6~7mの巨石が林立する。

周辺にも多数の巨石(唐人石)があり、近年の調査で人工的に整形、設置されたものである可能性が高いとされている。亀石、鬼の包丁石(ストーン・スクレイパー)、祭壇石などと呼ばれる巨石がある。豊漁と漁の安全にご利益があるとされています。

唐人駄場の詳細はこちら

土佐神社

土佐神社(とさじんじゃ)は、高知県高知市にある神社。土佐国一宮。8月25日の例祭は「志奈禰祭(しなねさい)」と呼ばれる。「志奈禰」の語は、新嘗祭の「にいなめ」の転じたものという説、新稲(しいね)の転じたものという説、風の神「志那都比古神」に関するという説など諸説ある。

現在は味鋤高彦根神と一言主神を祀るとしている。高鴨神または土佐大神ともいう。両神とも古来より賀茂氏により祀られていた神であり、賀茂氏の同族が土佐国造に任ぜられたことから当地で祀られることになったものとみられる。古くは単に「土佐大神」と称していたが、『土佐国風土記』では「祭神は一言主尊であるが、一説には味鋤高彦根尊であるという」と書かれている。社伝によれば、当社の祭神の高鴨神は、元は大和の葛城山に坐したが、雄略天皇の怒りに触れて土佐に流され、はじめは幡多郡の賀茂社に祀られ、後に土佐神社へ移ったという。同様の伝承が『続日本紀』にあり、ここでは一言主神のこととなっている。しかし、一言主神は『古事記』では雄略天皇から崇められる存在として記されており、そこから同じ賀茂氏によって祀られていた味鋤高彦根尊とする説が出たものとみられる。開運招福はもちろん、家内安全・病気平癒・農産繁栄・航海安全・交通安全などのご利益があるとされています。

土佐神社の詳細はこちら

高知のパワースポット一覧