次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの効果

新型コロナウイルスの感染者拡大を受け、ウイルスの除菌・消毒用の除菌水として次亜塩素酸水の人気が高まっています。

次亜塩素酸水とは?

次亜塩素酸水とは塩酸や食塩水を電気分解して作られる除菌水です。

厚生労働省は、次亜塩素酸水を食品添加物として認可していて、食品工場では野菜の除菌・殺菌・消毒などに使用されています。

厚生労働省の機関の一つである「国立医薬品食品衛生研究所」の食品衛生管理部の発表によると、濃度200ppmの次亜塩素酸水はノロウイルスを不活化させるという報告がなされています。

次亜塩素酸水は、ウイルスの殺菌や消毒の効果が得られる上に安全性も高い除菌水です。

最近では公共交通機関・ホテルなどの観光施設で空間除菌にも使われることが増えています。

次亜塩素酸水は、厚生労働省より食品添加物の認可を受けており、その安全性はしっかりと保証されています。

アルコール消毒液と比べ、手荒れなどを起こしにくく、人体への影響も少ないのが特徴です。

次亜塩素酸水の特徴

高い殺菌力

次亜塩素酸水はアルコール消毒液に比べて、さらに高い殺菌力があります。

O-157・インフルエンザウイルス・ノロウイルスなどに効果があり、約10秒で不活化し殺菌できるという即効性も特徴です。

セレウス菌・ボツリヌス菌といった熱に強い食中毒菌も殺菌し、一般的な消毒液であるアルコールの届かない範囲まで効果を発揮します。

経済産業省では、2020/4に「次亜塩素酸水が新型コロナウイルスの消毒に有効な可能性がある」と発表しており、多くの自治体で次亜塩素酸水を新型コロナウイルスの感染予防に無料配布しています。

人体や環境に負荷が少ない

次亜塩素酸水は、身体や環境への負担が少ないのも特徴です。

アルコール消毒液は肌荒れを起こしやすいのですが、次亜塩素酸水は肌荒れを起こす心配も少なく、もし体内に入ってしまっても残留する恐れがほぼないため、赤ちゃん・小さな子ども・高齢者・ペットがいる家庭でも安心して使えます。

次亜塩素酸水の使い方

次亜塩素酸水は希釈して使う大容量タイプ・使いやすいボトルタイプなどさまざまあり、使いたい方法によって選べます。

使い方としては、殺菌したい場所にスプレーしたり、タオルなどで拭いたりします。

手荒れの心配も少ないため、次亜塩素酸水で手指の消毒に使うことも可能です。

次亜塩素酸水専用の加湿器や超音波噴霧器を使えば、空間全体の除菌にも使えます。

消臭効果もあるため、ペット・トイレ・キッチン・靴箱などの気になるニオイの対策にも使えます。

まとめ

  • 次亜塩素酸水は、O-157・インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどに除菌効果がある
  • 次亜塩素酸水は、新型コロナウイルスの消毒方法として期待されている
  • 人体や環境への負荷が少なく、赤ちゃん・子供・高齢者・ペットがいる家庭でも安心して使用できる
  • 医療機器や食材の消毒にも使われ安全性が高い
  • 専用の加湿器・噴霧器で空間除菌に使用できる